• TOP
  • よくあるご質問

よくあるご質問

カテゴリから探す

特に多いご質問

AnswerOAuth2(認可コード)認証となります。
Answer弊社のAPIは認可にOAuth2(認可コード)をご利用いただきます。
その際ユーザーにより認証が完了すると、リクエストパラメータに認可コード(code)が付与されてredirect_uriで指定したURLへリダイレクトされます。
Answer可能です。
Answer現在ご用意はございません。
Answer可能です。
Answertimestampを指定しない場合、アクセス時点の最新画像が取得できます。
timestampを指定する場合、現在時刻から3分以上前の時間を指定してください。
※詳細はリファレンスをご確認ください
Answer同一のclient_id/secretへ同一機能のAPIを複数同時に申込利用する事は出来ず、何れかの選択となります。
ただし、異なる機能のAPIは複数同時に申込利用する事が可能です。
Answer必要ありません。
Answer対応ブラウザ:GoogleChrome(最新版), Firefox(最新版), Safari(最新版)

目次に戻る

API 共通事項について

Answer業務アプリケーションに静止画や動画ファイルをダウンロードして解析で利用、ストリーミングを解析サーバに流し込んで解析、などです。
Answer個々の録画プラン・オプションプランを一意に識別するIDです。
Answerはい、インターネット経由でアクセス可能です。
Answer直接行うことはできません。
Answer数分間隔であれば問題ございません。
Answer各APIに対して時間あたりのCall数上限がございます。詳細はAPI仕様をご確認ください。
Answer各APIに関する制限に関して、詳細はAPI仕様をご確認ください。
Answerメディアファイル機能に関するAPI群に対しての課金となります。
Answer発行単位は開発元(APIを利用してサービスを提供する提供者)単位となります。
Answer現時点ではできません。
AnswerAPIを呼び出す開発元単位に発行されるIDおよびSecretです。
Answer各APIの制約事項についてはAPI仕様をご確認ください。
Answer各APIに必要な権限についてはAPI仕様をご確認ください。シェアユーザでも同等の権限が必要です。
Answer設計上の最大数は設けておりません。
Answer数千台規模の運用に耐えられる設計になっております。
Answer現状、用意しておりません。
Answer現状、対応しておりません。
Answer現状、用意しておりません。
Answer現状、用意しておりません。

目次に戻る

ストリーミング

Answer可能です。ストリーミングAPIをご利⽤ください。
Answer再生用のURL生成は現状ございませんが、メディアファイルAPIで特定の時刻の動画ファイルの作成は可能です。

目次に戻る

静止画

Answer応答時間に制約はございません。
Answer静止画撮影を行う機能のため撮影できる枚数に上限(契約内容によります)がございます。
Answerはい、デバイスを一意に指定するIDで、シリアルとは別のIDになります。
Answerレンタル中のカメラでも、静止画オプションがついていれば取得可能です。
AnswerAPIが呼び出された時点のリアルタイム画像を取得することができます。
Answer現在時刻のJPEG画像および、過去時刻を指定して取得することが可能です。
Answer制約事項についてはAPI仕様をご確認ください。
Answerはい、可能です。ただし直近3分以内の画像取得はできません。
Answer現状、予定はございません。

目次に戻る

デバイス一覧

Answerはい、可能です。

目次に戻る

メディアファイル

AnswerMP4形式です。
AnswerAPIで生成されるメディアファイルはダウンロードのみとなります。
Answer"メディアファイルAPI" を利用することで可能です。
Answer"ダウンロード用メディアファイル 作成状況取得" APIで取得したURLを利用し、"メディアファイル ダウンロード" APIで直接ファイルをダウンロードしてください。詳細はAPI仕様をご確認ください。
Answerはい、その通りです。
Answerはい、デバイスID単位です。
AnswerメディアファイルはWebで確認およびダウンロードすることはできません。APIで取得をお願いします。

目次に戻る

外部イベント登録

Answer弊社の映像データに対し、ある時刻にイベントが発生した場合に貴社側から弊社の映像データの特定の時刻に情報を残せる機能です。例えば外部のセンサー等で検知した情報を映像データに残したい場合、APIでイベント登録いただくと、弊社上のサーバ内にその時間のイベント情報を残す事ができます。
Answer"イベント定義" APIのresponseで返却された値をご指定ください。

目次に戻る

位置情報取得API

Answer対応機種は現在Safie Pocket2のみとなります。

目次に戻る

認証認可

AnswerAPI仕様をご確認ください。
Answerカメラ単位となります。
Answer対象のユーザーが削除されたタイミングです。
Answerトークンの寿命を監視し、一定のタイミングでリフレッシュを行ってください。
Answer該当カメラのオーナーアカウントのメールアドレス、パスワードをご入力ください。
AnswerAPI利用の申し込み時、item_id(オプションプランを一意に識別するID)をお渡しします。item_idを利用しデバイスIDを取得してください。また、デバイス数がわからない場合にはlimit, offsetも合わせてご利用ください。
Answer必要なパラメータがない場合「404 not found」となります。正常動作になります。

目次に戻る

お困りのときは

お知りになりたい情報がない場合は、お問い合わせフォームよりご質問ください。

お問い合わせ